料理初心者の挑戦レシピ「チキンライスの作り方」!ケチャップなしの野菜たっぷりご飯!

チキンライスの完成!

こんにちは!
料理初心者の寿天(すあま)と福夜(ふくよ)による料理修行、

その名も!

料理初心者の挑戦(桃紫ハートエプロン)

料理初心者の挑戦レシピシリーズ!
はい!今日も頑張っていきましょう!

さて今回はご飯物シリーズ第4弾!ということで、
チキンライスに挑戦です!
いいわね!美味しそう!
チキンライスというとオムライスが思い浮かぶわね!
そうそう!
いつかオムライスを作ってみたいなと思ってるんだけど、
まだオムレツに挑戦できてないからそれはまた別途。

で、まずはチキンライスを作ってみようかと思い立ちました!
チキンライスというと、ケチャップ入りのご飯を思い浮かべるかと思うんですが・・・

うちにはケチャップがない!
えぇ!?
ケチャップないの!?


それじゃあ、チキンライスは作れないじゃない!?
まぁ、いわゆるあのオムライスのチキンライスは作れないかな・・・;
とは言え・・・

ケチャップなしでもトマトを入れれば近いものが作れるのではないか?
それでも、美味しく作れるものなのか?


単純にそこらへんがちょっと気になりまして。
検証がてら作ってみようかと思います。
それでは、チキンライスのレシピについて見ていきましょう!

チキンライスの材料

まずは、チキンライスの材料です。
はい!今回お集まりいただいたのは、こちらの皆さんです!
チキンライスの材料(2~3 人分)
鶏肉 200 g
にんじん 2分の1 本(大きめサイズの場合)
玉ねぎ 2分の1 個(大きめサイズの場合)
トマト 1 個(小さめサイズのもの)
にんにく 3 かけ
ご飯 3 膳分
オリーブオイル 大さじ2
少々
小さじ1
こしょう 少々
お集まりいただき、ありがとうございます!
チキンライスのメインは鶏肉とご飯よね。
でも・・・他にも野菜をたくさん入れるのね。
やっぱり野菜はなるべくたくさん摂るようにしたいじゃない?
だから、野菜をザックザクに入れてみようと思って。
にんじん、玉ねぎ、にんにくのみじん切りを入れます。

それから、ケチャップの代わりと言っては何ですが、
トマトも入れてみようと思います。
すごいわね!
身体に良さそうなお野菜が盛りだくさんね!
そうだね。
ご飯物はThe 炭水化物なので、
ダイエットのために糖質制限している方にとっては避けたい料理かもしれませんが、
お野菜がたっぷり入っているご飯であればそんなに悪くないのではないかと思います。
そうね。
糖質ダイエットも極端にやるのは良くないわね。

ご飯を少し食べて、
お野菜をしっかりと食べる方が健康的よね。
そうだよね。
何事もバランスが大事!

ちなみに、今回使う野菜の栄養や効果、選び方や保存方法などは別記事にまとめていますので、
ご興味がありましたら、ぜひご覧ください。

 

【にんじん】
にんじんに含まれる栄養と効果!風邪予防や疲れ目にも効果大!
にんじんの選び方と保存方法!色鮮やかで表面が滑らかなものが美味しい!

【玉ねぎ】
玉ねぎに含まれる栄養と効果!ビタミンB6とアリイン(アリシン)で血液サラサラの健康体に!
玉ねぎの選び方と保存方法!丸々としてしっかりと硬い重みのあるものを選ぼう!

【トマト】
トマトに含まれる栄養と効果!リコピンとクエン酸で疲れ知らず病気知らずの肌美人に!
トマトの選び方と保存方法!鮮やかな赤色で皮にハリとツヤがあるものを選ぼう!

 

ぜひ、美味しいお野菜をお連れください。

鶏肉はどんなものでも良いと思いますが、
唐揚げ用やモモ肉あたりがいいでしょうかね。

今回は「せせり」というお肉を使ってみようと思います。
なんか冷凍庫に入ってました。
せせりって確か、鶏の首回りのお肉ね。
ほんの少ししか取れない部位でとても美味しいのよね。
けっこう貴重なお肉らしいわよ。
あ、そうなの?
・・・ちょっと勿体ないかな?

まぁいいか。
解凍しちゃったし;

そして!今回入れるご飯は「ゆめぴりか」!
こちらは北海道で作られた珍しいお米です。
初めて手に入れたんですが、とっても美味しいんですよ!

特に何もしていないのに、炊いてみるとご飯粒がどれもつやつやで、
食べると少しもっちりとした食感で甘みがあるんです!
ホント美味しいわよね~!!
ご飯のお供が何もなくても普通にペロッと食べられちゃうわよね!
そうなんだよね!
このお米はまず、そのままで味わった方がいいですね!

うちはもう散々そのままで味わったので、
今度は焼き飯に使ってみようと思います!

そして、オリーブオイルで炒めながら、
酒、塩こしょうで味を調えていきます。

では、さっそく作ってみましょう!

チキンライスの作り方

それでは、チキンライスを作りましょう!
【手順1】野菜をみじん切りにする
まずは、野菜をすべてみじん切りにします。

にんにく、

みじん切りしたにんにく

にんじんと玉ねぎ、

みじん切りしたにんじんと玉ねぎ

そしてトマト・・・。

みじん切りしたトマト

こんなにみじん切りしたの久しぶりです;
さすがにこれだけの野菜を一気にみじん切りすると時間がかかるわね~;
あ・・・また手がにんにく臭くなったわ;
そうだね;
ホントどうしようかなぁフードプロセッサー;
ま~だ持ってないんですよね;

あ~大変だった;
ちなみに、みじん切りの切り方については、
料理初心者の挑戦「みじん切りの切り方」!細かく刻んでハンバーグやコロッケに!
をチェックしてちょうだいね。
【手順2】鶏肉を食べやすい大きさに切る
次に、鶏肉を食べやすい大きさに切ります。

せせりは割と細かいお肉なのでそのままでもいいかなと思ったんですが、
量が少ないので少し細かくしちゃいます。

チキンライスに使う鶏肉

鶏さん・・・ありがたくいただきます。
【手順3】鶏肉とにんにく、にんじん、玉ねぎを炒める
では、材料を炒めていきましょう!

フライパンを火にかけ、オリーブオイルを入れて熱します。

温まってきたら、にんにくを入れて軽く炒めます。
その後、鶏肉を入れて表面に焼き色がつくまで炒めましょう。

にんにくと鶏肉を炒める

ん~・・・いい香りね。
にんにくと鶏肉の取り合わせは間違いないわね!
ね!これだけでおかず1品できあがっちゃうもんね!

では次に、にんじんと玉ねぎを加え、
油を馴染ませるように炒めます。

みじん切りしたにんじんと玉ねぎを加えて炒める

ほんのり色が変わった玉ねぎが美味しそうです。
【手順4】トマトと調味料を加えて煮込む
さて次は、トマトと酒、塩こしょうを加えて混ぜるように炒めます。

だんだんトマトから水分が出てきますので、
水分が少なくなるまで煮込みます。

トマトと酒、塩こしょうを加えて煮込む

わ~だいぶ美味しそうになってきたわね!

それにしても・・・トマトを入れたのに、
案外赤い色にならないわね。
ん~たぶんトマトの量が少ないからじゃないかと・・・。
小さめのやつが1個だからね。

もっと入れればケチャップを入れたみたいに赤くなるのかもしれませんが、
その分、水分も大量に出てしまうので、
そうなると、水分を飛ばすのも時間がかかるのではないかと思います。

あまり水分が多いとリゾットみたいになっちゃいそうですもんね;
そうね。
今日はチキンライスだものね!
道は誤らないようにしなきゃよね。
そうだね(笑)
トマトリゾットはまた別の機会にやってみようね。
【手順5】ご飯を加えて混ぜるように炒める
水分が少なくなったら、ご飯を投入します。

水分が少なくなったらご飯を加える

よ~くご飯をほぐしながら、混ぜるようにして炒めましょう。

ご飯をほぐしながら味を染み込ませるように混ぜる

ちょっと食べてみて味が薄いようでしたら、
塩こしょうを少し加えて調えます。

味を調えたら、チキンライスの完成です!
お疲れ様でした!

チキンライスの出来栄えや感想

はい!チキンライスの完成でーす!

チキンライスの完成!

う~ん、やっぱりケチャップが入っていないと、
チキンライスって感じが薄いですね・・・;

ちょっと洋風の焼き飯って感じでしょうか?
これはあれね。
オムライス用のチキンライスを想像しちゃうと、
失敗したジレンマにハマるわね;

でも、それを抜きにして見るとなかなか美味しそうよ?
そうだね。
けっこうボリューミーな感じもしますし。

さて、ではでは!
いただきます!!

 

 ・
 
 ・
 
 ・

 

鶏と野菜の旨味たっぷり!
うまーー!!

うまハイタッチ(桃紫ハートエプロン)

何これ!想像以上に美味しい!

うまハイターーーーッチ!!

すごいです!
鶏肉と野菜の旨味がしっかりしてます!
ほんのり甘みもあってホントに美味しい!
そうね!
それに、ご飯のもっちり感とお野菜のザクザク感のおかげで、食べ応え抜群ね!
ね!かなりボリュームのある1品だね!
これなら、がっつり食べたい方も満足すると思います!

最後に

はい!以上、チキンライスのレシピでした!

ケチャップなしでも美味しく作れるのかちょっと心配だったんですが、
さっぱりとした味わいの中に素材の旨味が凝縮されてる感じで
なかなか美味しかったです!
ホントに!
正直、オムライスのご飯もこれでいいんじゃないかと思ったくらいよ!
さっぱりめの味が好みの人は絶対好きよこれ!
確かに!(笑)
このご飯でオムライス作ってみたいね!

そのためにもまずはオムレツをマスターしなきゃ!

 

こちらの記事を読んで、参考になった!面白かった!という方は、
下のステキボタンやソーシャルボタンにて教えてください^^!
とても励みになります!
  • ステキ! (1)