湯シャンをやり始めて2週間!頭皮の脂っぽさと臭いが改善した!

湯シャンを始めたら頭皮のベタつきや臭いが消えた!

こんにちは!寿天(すあま)です!

突然ですが、皆さんはシャンプーを使っていますか?
私は以前は毎日シャンプーを使って頭を洗っていたのですが、最近止めました。

どうしているのかというと、湯シャンです!

シャンプーを使わず、お湯だけで頭皮と髪を洗っています。

そんなの私にとっては当たり前のことだけど・・・。

そういえば、人間は頭や身体を洗う時って、
シャンプーとか石鹸とか使うんだったわね。
それが常識なのよね?

そうだねぇ・・・。
でも、正直いつからシャンプーとか使い始めたのか覚えてないんだよねぇ・・・。
気が付いたら、それが当たり前になってたかなぁ。

ネットで検索してみると、湯シャンについて言及している人はけっこうたくさんいるんですね。

ただ、その効果については良い評価も悪い評価もあって、
結局良いのか良くないのかよく分からなかったんですが、
興味があったので試してみようと思って挑戦してみました!

頭皮の脂っぽさが気になって湯シャンをやってみることに・・・

せっかくなので、まずは湯シャンを始めようと思ったきっかけについてお話しようと思います。

以前、髪についてある悩みがあったんです。

それはズバリ!!

臭い!!

ある日、なんとなく自分の枕カバーの臭いを嗅いでみた時に衝撃を受けました。

臭っ!なんか臭っ!
この臭い、何となく懐かしいような・・・?

・・・分かった!
お父さんの枕の臭いだ!

えっ!?
私の頭ってオッサンみたいな臭いしちゃってるの!?

頭皮が臭くなっちゃってる!?
毎日ちゃんとシャンプーしてるのになんで!?

ホントにかなり衝撃でした・・・^^;

なんでまた枕カバーの臭いを嗅ごうと思っちゃったの・・・;
世の中には知らなくていいこともあるのよ。

それはさておき・・・衝撃な事実ね。
お父さんと同じ臭いがするなんてショックだわ;

うん・・・;
私まだ30代なのに、もうそんな臭いしちゃってるの!?って思ってかなりショックでした・・・。

それと、あともう一つ気になることがあったんですね。

それは頭皮の皮脂

毎日夕方頃になると、頭皮が妙に脂っぽくなっていたんですね。
触ってみるとベタベタしていましたし、髪の根元付近もギトギトになっていました。

当時は脂性肌なのかなぁと思っていましたね。

んま~・・・それはイヤね;
一度気付いちゃうと、早く洗い落としたくなるわね。

ひょっとしてそのおじさんみたいな臭いって
その皮脂が酸化しちゃったからなんじゃないかしら?

うん。おそらく、そうなのではないかと思います。

大量に分泌された皮脂が酸化してしまったら、そりゃ臭いもキツイだろうと。

酸化に関しては、日々の食生活が大きく関係すると知って改善してきましたが、
そもそも、皮脂の量を抑えることはできないのかと思い、いろいろと調べました。

あぁ、もしかしてそれで湯シャンに辿り着いたというわけかしら?

皮脂って落とし過ぎると肌に良くないらしいわよね。
落とし過ぎてしまうと余計に皮脂が分泌されてしまうとかいう話を聞いたことがあるわ。

そうそう、まさにそういうことだったんだよ。

ほとんどのシャンプーには界面活性剤というものが配合されており、
これは皮脂をごっそり落としてしまうものなんですね。

皮脂は頭皮を乾燥させないために、ある程度は必要なものですが、
シャンプーを使ってしまうと、必要な分の皮脂まで洗い流してしまうんです。

そうすると、頭皮はたくさん皮脂を分泌し、肌を守ろうとする。
一種の防御反応みたいなものなのでしょう。

だから、頭皮が脂っぽくなってベタついてしまう。

この問題を解決するために、湯シャンは効果的だという記事をいくつか読みました。

そもそも、汗、ホコリ、皮脂などはお湯だけで十分落とすことができるそうなんですね。
そして、頭皮に必要な分の皮脂は残すことができる・・・。

今まで毎日シャンプーするのが当たり前だったので、とても心配でしたが、
頭皮の脂っぽさと臭いをなくすために挑戦してみることにしました。

湯シャンのやり方

それでは、湯シャンのやり方についてご紹介したいと思います。

【手順1】ブラッシングをする

お風呂に入る前にブラッシングをします。

目の粗いブラシや櫛などで、髪のもつれをとりつつ、丁寧にブラッシングします。

ブラッシングをすると、髪についたホコリがとれやすくなるし、
マッサージ効果もあるのよね。

ちなみに、何回くらい梳いてるの?

ネットで調べてみると、20~30回程度や100~200回程度と人によってマチマチでよく分からなかったので、かなり自己流なんですが、10~20回程度でしょうか。

前から後ろに向かって梳いた後、後ろから前に向かって梳くようにしています。

【手順2】シャワーで頭を軽く洗ってから湯船に浸かる

お風呂に入ったら、まずはシャワーで頭を軽く洗い流します。

身体にもかけ湯した後、湯船に浸かって身体をじっくり温めます。

湯船に浸かる瞬間って気持ちいいわよね~☆
身体が一気に温まってホッとするわ~。

そういえば・・・身体を温めると皮脂が柔らかくなって浮き上がりやすくなるんだったわね。
もしかして、最初に湯船に浸かるのはこれが目的ってこと?

その通り!

シャワーだけで洗い流すのと、湯船にしっかりと浸かってからシャワーで洗い流すのと両方試してみたんですが、
5~10分ほどゆっくりと身体を温めてからの方がきれいに洗えた(余分な皮脂が落とせた)感じがしました。

【手順3】頭皮を洗い流す

湯船に浸かった後は、頭皮を洗います。

シャワーのお湯を頭皮に当てながら、指の腹で優しくなでるようにして洗っていきます。

そういえば、前に美容師さんが言ってたわね。
頭皮を洗う時は、爪をたてたりせずに指の腹でマッサージするように洗ってくださいねって。

シャンプーブラシは頭皮を傷付ける可能性があるからということで、あまりオススメしてなかったわね。

そうだね。
シャンプーブラシのものにもよるみたいですけど、
なるべく使わない方が良いと言われたことがあります。

傷を付けてしまうと、傷口が化膿してしまう可能性もありますからね。
優しく丁寧に洗うようにしましょう。

【手順4】タオルドライをしてドライヤーで乾かす

お風呂から上がったら、タオルでしっかりと水気をとりましょう。

そうすることで、ドライヤーで乾かす時間を短縮することができますよ。

毛がバチャバチャのままだと乾かすのに時間がかかってしまうものね。
ここでも優しく丁寧にを心掛けて水気をとればいいわね。

そうだね^^

タオルドライをした後は、なるべく早めにドライヤーを使います。

髪を濡らしたまま放置しておくと、頭皮に雑菌が増えやすくなってしまうそうなので注意が必要です。

なるほどね。
じゃあ、タオルドライが終わったらすぐにしっかりと乾かした方が良さそうね。

うん。
でも、しっかりと言っても8割くらい乾かせばOKです。

あまり乾かし過ぎてしまうと、今度は頭皮が乾燥し過ぎてしまい、かゆみの原因になるそうです。

えぇ~・・・;
けっこう難しいわね;

ちょっとしっとりしてるかしら~くらいでやめたらいいのかしらね?

そうだね。
そのくらいでやめて、あとは自然に乾燥するのを待てば良いでしょう。

湯シャンをやってみた結果

湯シャンを始めて、かれこれ2週間ちょっと経ちます。

やってみた結果や感じたことなどをちょっとまとめてみました。

湯シャンを始めて1週間程度は頭皮が脂っぽい

まず、当初気にしていた脂っぽさについてです。

今まで毎日シャンプーしていた人は湯シャンを始めても、
いきなり脂っぽさが改善することはないと思います。

本当に始めたばかりの頃は頭皮が皮脂でギトギトしてて、なんだか気持ち悪いって言ってたわよね;

最初は5日間ほど続けて、その後しばらくリタイアしてたわよね?

そうだね^^;

でも、正確にはリタイアしたわけではなくて、
1日おきに湯シャンするようにして様子を見ていました。

湯シャンに切り替えても、頭皮としてはそう簡単に皮脂の量を変えることはできないようで、皮脂が頭皮にたくさん残っている感じがしました;

ニキビができてしまうのではないかという勢いの量でしたよ。
おかげで、髪も少しベタベタしていましたね。

これはちょっと続けられる気がしないなと思い、
1~2ヶ月程は1日おきに湯シャンするようにしていました。

だんだん頭皮の脂っぽさがなくなってくる

1~2ヶ月程、1日おきに湯シャンする生活を続けた後、もう一度毎日湯シャンを試してみました。

そしたら・・・

そう!
驚いたことにだんだん脂っぽさがなくなってきたんです!

洗った後はもちろんなんですが、
何より驚いたのが、夕方になっても夜になっても頭皮がベタつかなかったことです!
ずっとサラッとしてるんです。

1日中家にいただけの日なら、1日くらい頭を洗わなくても全然大丈夫なのではないかと思うくらい。

そうね!
最近になって調子が良くなってきたみたいよね!
頭皮もだんだん慣れてきたんでしょうね。

髪の状態も良さそうね。
いい感じに残った皮脂がコーティングしてくれているのか、キシキシと傷んだ感じもないわよね。
指通りも滑らかだし、サラッとした感じだわ☆

ホントそうだね!
これも驚きました!

むしろ、以前よりツヤが良くなったような気さえします。
かなり健康的な感じですね。

枕の臭いも嗅いでみたんですが、
以前みたいな臭いはまったくしなくなりました!

前はお父さんと同じような臭いがしていたのに、見事改善できました!

シャンプー代が浮く

かれこれ2週間ほどお湯だけで頭を洗っていますが、フケやかゆみといった問題は全くありません。

もうシャンプーいらないんじゃないかというくらいです。

そうよね。
毎日使うものの値段が高いって大変よね。

頭皮にも髪にも良いシャンプーって1つで3000円以上するものもあるらしいじゃない?
そんなお高いの、お財布は大ダメージよね・・・。

そうだね;
お金ないので、そんな高いシャンプーはさすがに使ったことないけど・・・。

でも、安いシャンプーでも何度も買えばそれなりの金額になることは間違いありません。

シャンプー代が浮けばその分、他の物を買うことに使えますので、ちょっと得した気分になりますね。

最後に

湯シャンを続けて2週間経ちましたので、
今回は湯シャンのやり方ややってみた結果などについてご紹介しました。

最初は続けられる気がしませんでしたが、
辛抱強くやっていたら、いつの間にか脂っぽさがなくなって快適になってきました。

もっと早くやっていれば良かったなと思いましたね。

というのも・・・

そう。
私は以前、甲状腺を切除する手術を受けるために入院したことがあるんですが、手術後は傷口が安定するまでお風呂に入れません;
あの時は5日間入れませんでした。

当時、毎日シャンプーをしていたので、たった1日で頭皮が皮脂でギットギトになりました^^;
あれはホントにかなりのストレスでしたね・・・。

あらま~・・・それは大変だったわね;
そりゃあ、湯シャンをしていても時間が経てば脂っぽくはなるでしょうけど、
1日でもサラサラな日が続く方がいいに決まってるものね。
もっと早く始めていれば良かったわね。

そうだねぇ・・・。
まぁ、昔のことを悔いても仕方ありませんけどね^^;

とにもかくにも、これからも湯シャンを続けていこうと思います!

 

こちらの記事を読んで、参考になった!面白かった!という方は、
下のステキボタンやソーシャルボタンにて教えてください^^!
とても励みになります!
  • ステキ! (0)