にんじんの選び方と保存方法!色鮮やかで表面が滑らかなものが美味しい!

にんじんの選び方と保存方法

こんにちは!寿天(すあま)です!

GWも終わってしまいましたね。
素敵な休日を過ごされましたでしょうか?
今日からまた仕事や学校がスタートです。
気分を新たに頑張っていきましょう!

さて、今回のテーマは、「にんじんの選び方・保存方法」です!
以前、「にんじんに含まれる栄養と効果!風邪予防や疲れ目にも効果大!」にんじんの栄養や効果などについてお話しました。
にんじんは、風邪や癌などの病気を防いだり、
美肌を作ってくれたり、ドライアイや夜盲症を防いだりしてくれる、
β-カロテンが豊富に含まれている素晴らしいお野菜なのよね!
そう!
そんな素晴らしいにんじんを食べない手はない!

にんじんを食べよう!

しかし、せっかく食べるなら、美味しいにんじんを選んで、
長く新鮮に保存するための方法も知りたい!
ということで、美味しいにんじんの選び方や保存方法についてまとめてみました!

にんじんを食べてみよう!美味しいにんじんの選び方!

まずは、美味しいにんじんの選び方から見ていきましょう!
さっそくですが、美味しいにんじんって、どのようなものなんでしょうか?
えーと・・・。

硬くてしっかりしたものが良いとか?
黒ずみがない方が新鮮とかかしら?
う~ん・・・どうなんだろうね?
今までにんじん買う時にそこまで気にしたことがないからね。

にんじんを買う時、どこを見たら良いのでしょうか?
これはぜひとも知りたいところですね!

にんじんを買う時は、以下のものを選ぶようにしましょう。
◆美味しいにんじんを選ぶ時のポイント◆

【見た目】
・濃く鮮やかな赤色
・皮の表面が滑らかで横線が少ない
・茎が緑色でシャキッとしている


【手にとってみた感触】
・しっかりとした硬さがある
・重みがある
なるほど!

選び方のポイントとしては、
鮮やかな色で滑らかな表面をしていて、しっかりとした硬さと重みがあるものを選ぶこと」なのね。
その通り!

そして、茎についてですが、色が茶色や黒色に変色していたり萎びているものは、収穫されてから時間が経っている証拠。
味が落ちており、長く保存することはできないので、避けた方が良いでしょう。

ちなみに、茎が細いものは根の部分が芯まで柔らかくて美味しいそうですよ。
ふむふむ、なるほど・・・。

ところで、箱買いとかすると、
割れているにんじんが入っていることがあるじゃない?
そういったにんじんって品質が悪いのかしら?
そんなことはないよ。
大丈夫!

割れているにんじんは質が悪いと思われがちですが、単に見た目が悪いだけで、実は栄養も味も特に問題ないそうです。
なので、割れたにんじんと出会っても、がっかりしないであげてくださいね。

畑の水分量が多いと、割れたにんじんが出来上がってしまうことがあるそうです。
良かった!安心したわ!

そういえば、食材選びと言えば、
も大切な要素よね?
にんじんの旬っていつなのかしら?
にんじんは9~12月が旬なんだって。

旬のにんじんは他の時期のものと比べると、甘みが強くて栄養も豊富です。
秋から冬にかけては、特に積極的に食べたい野菜ですね。

とはいえ、にんじんは今では全国で栽培されており、1年中手に入るようになっているので、あまりそこまで気にしなくてもいいのかもしれません。

にんじんを食べてみよう!美味しいにんじんの保存方法!

次は、にんじんの保存方法についてです。

せっかく美味しいにんじんを選んで買ってきても保存方法が適当だと、あっという間に腐ってしまいますので、注意が必要です。
そうなのよね。
買ったにんじんがいつの間にか腐ってしまっていたことがよくあるわ。
せっかく買ったのに食べられないなんて勿体ないわよね。
そうだよね。
食べ物を粗末にしてしまった感じもするし、良くないよね。

ぜひ正しく保存して、日々美味しいにんじんをいただきたいですね!
では、どのように保存すれば良いのでしょうか?
にんじんを長く美味しく保つには、以下の通りに保存するようにしましょう。
◆にんじんを保存する時のポイント◆

【保存場所】
・春夏秋は冷蔵庫に入れる
・冬は冷暗所に置く


【保存方法】
・葉がついている場合は切り離す
・土付きの場合は、常温保存するならそのまま、冷蔵保存するならきれいに洗う
・水気をしっかりと取ってからポリ袋に入れる
・湿気が入らないように、ポリ袋の口はしっかりと閉める
・立てるように置く
ふむふむ。

保存する時のポイントは、
水気をしっかりきって湿気が入らないようにすること
なのね。
そうなの。
にんじんって水気に弱いみたい。

にんじんは湿気が多い場所に置いておくと、腐りやすくなります。
保存する際は、にんじんの水気をしっかりとふき取ってから、ポリ袋に入れて密封するようにしましょう。

土付きのにんじんはなるべくそのままにしておいた方が、土の中にいた時と同じ状態を保つことができますので、美味しさが長持ちします。
じゃあ、土付きでポリ袋に入れて冷蔵庫に入れておけばバッチリね!
わああああ!!
それはダメ!!


土付きのままでの保存は常温保存する場合のみ
冷蔵庫で保存する場合は、土をきれいに洗い落とすようにしましょう。
あら、どうしてなの?
土がついたままのにんじんを冷蔵庫に入れてしまうとカビが生えやすくなるんだ。
カビだらけになってしまったら、もう食べられないからね;

それに、きちんと密封していたつもりでもポリ袋の口が開いていた・・・なんてこともよくあります。
そうなると他の野菜にまでカビが生えてしまいますので、冷蔵庫保存する場合は土はきちんと落とすようにしましょう。
あああああ;それはダメね;
危うく他のお野菜にまでご迷惑をおかけするところだったわ;
そうそう!バイオハザードになっちゃうから・・・。
確かに(笑)

ところで、にんじんにも賞味期限があるわよね?
実際どのくらいもつのかしら?
にんじんの賞味期限は1~3週間程度
けっこう長期間もつ野菜なんだね。

ただし保存を誤ると、1週間を待たずにあっという間に腐っちゃいますからご注意を!

最後に

いかがだったでしょうか?
これでバッチリ美味しいにんじんが食べられますね!

そういえば先日、にんじんをメインにした料理が作ってみたい!と思いまして、先日「にんじんグラッセ」を作ってみましたよ!
そうだったわね!
簡単に作れたし、とても美味しかったわ!

にんじんグラッセの詳しい作り方については、「料理初心者の挑戦レシピ「にんじんグラッセの作り方」!砂糖なしでも甘くて美味しい!」で紹介しているから、ご興味のある方はぜひチェックしてね☆
砂糖なしで作ったんですが、とっても美味しかったです!
にんじん自体がとても甘くて、ビックリしました!
お弁当のおかずとしても、おすすめですよ。

美味しいにんじんを食べて、元気に過ごしましょう!

 

こちらの記事を読んで、参考になった!面白かった!という方は、
下のステキボタンやソーシャルボタンにて教えてください^^!
とても励みになります!
  • ステキ! (0)