さぁ旅行に出かけよう!「箱根小涌園・天悠」その2-食事編!

天悠の夕食-肉料理

こんにちは!寿天(すあま)です!

たまには日常から離れて、ゆったりのんびりして、
日ごろ心身に溜まった疲れやストレスを洗い流そう!

その名も~?

さぁ旅行に出かけようシリーズ!

はい!今日は前回の続きですね!

6月末に家族で「箱根小涌園・天悠」という旅館に宿泊してきまして、その旅行レポをお送りしております。

前回は「館内・お風呂編」ということで、天悠のお部屋、お風呂、庭園などについてご紹介したわ。
今回はお食事についてご紹介しようということでいいのかしら?

はい。
天悠のレストラン、そして夕食や朝食などについてご紹介しようと思います。

やはり旅館といやぁ、飯も重要なポイントッスもんねぇ。
プロの料理人が腕によりをかけて作った飯なんて普段はなかなか食えねぇッスからねぇ。

確かに(笑)
お食事も旅の醍醐味の一つですよね!

どのお料理も品があり、とても美味しかったですよ~!
それでは、さっそく見ていきましょう!

天悠にはどんな食事処・レストランがある?

天悠でのお食事は基本的にレストランでいただきます。
旅館というと部屋食をイメージすることも多いかと思いますが、天悠では部屋食は行っていないようです。

まったくないわけではないのよね。
特別客室に宿泊した場合は部屋食ができるそうよ。
あの部屋は一等客室ってなもんスからねぇ。
どうやら献立も通常のもんとは異なるようッスよ。
きっとさらに高級な料理が出てくるんスねぇ。

そうだねぇ。
どんなお料理がいただけるのか・・・。

標準客室と最上階客室に宿泊した場合は5階にあるレストラン「ダイニング・はこね」でいただけるようです。
夕食だけでなく、朝食もこちらのレストランでいただきましたよ。

ロビーもお部屋もそうなんですが、こちらのレストランも和モダンでまとめられており、とてもおしゃれな雰囲気です。

なかなか広々としていてゆったり過ごせる空間だったッスね!

店に入って最初に驚いたことといやぁ、キッチンが客に見えるというところッスかねぇ。
まるで、鉄板焼き屋みてぇな感じがしたッス。
プロのシェフが腕を振るっているところが見れるレストランってぇのはなかなか珍しいッスよね。
確かにそうよね。
お店に入った瞬間にとってもいい匂いがして、一気にお腹が空いてきちゃったわ~☆

私たちは窓際のテーブルでお食事したわよね。
窓の外にも緑がたくさんあって、自然を感じながらお食事が楽しめたわ!

ライトのデザインもさりげなく和になっててステキだったね。
庭園にこだわっているだけあって、抜け目ないな~って思ったよね^^

ダイニング・はこね以外のお食事処というと、バーラウンジですね。
渓谷庭園に面しているラウンジで庭園を眺めながら、ゆったり過ごすことができます。

なかなか大人な雰囲気の場所だったッスね。
正直おいらみてぇな田舎もんが入っていいもんやらと思っちまったッスよ。
そうねぇ。
あぁいう雰囲気のお店に普段入ることがないものねぇ。

お酒を飲む場所とばかり思っていたけど、お茶もできるのよね。
昼間はサンドイッチやケーキなどをお共にお茶やジュースがいただけるわ。

お店の雰囲気がホントに「The Bar!」って感じだったからねぇ;
でもラウンジですからね。
お茶ももちろんいただけますよ。

旅館に着いて夕食までちょっと時間が空いたな~という時とか、
家族や友人と語らいながらゆっくり休みたいな~とか、
夕食後にもう少しお酒が飲みたいな~とか、

そういう時にオススメの場所ですね。

天悠の館内にあるお食事処は以上ですね。

他には、小涌園敷地内に鉄板焼きレストランやお蕎麦のお店があるそうです。

オプションで夕食をこちらのレストランでいただくこともできるそうなので、宿泊のご予定がある方はぜひチェックしてみてくださいね☆

夕食は和と洋を組み合わせた個性的なお料理が盛りだくさん!

私たちは先ほどご紹介したダイニング・はこねで夕食をいただいてきました。

地元でとれた季節の食材が盛りだくさんでしたよ~。

そうね!
じゃあ、さっそくご紹介しましょ!

まずは前菜ね!

天悠の夕食-前菜

右から

・富士宮産くぬぎ鱒のタルタル
・焼茄子の煮浸し 枝豆
・沼津産しらすのブランダード トマトセック添え
・もろこし豆腐 順才
・伊豆産猪ソーセージのサラダ ルバーブソース

です。

いろいろなものをちょっとずついただいたッスね!
さっぱりとした口当たりの料理で夏にピッタリッスよ。

お泊りした日は曇りだったんですけど、気温はけっこう高くて蒸し暑かったんですよねぇ;
そのせいで最初はそこまで食欲がなかったんですが、前菜を少しずつ食べているうちに、だんだんお食事食べるぞモードに切り替えられました。

器も盛り付けもおしゃれで可愛かったですv
葉っぱのお皿が一番気に入りました!

さて、お次はスープ!

天悠の夕食-スープ

・長芋と豆乳の冷製スープ 和風ジュレのパリソワーズ

パリソワーズって何かしらと思ったら、ヴィシソワーズの上にコンソメゼリーを乗せたお料理のことだったのね。

ヴィシソワーズというとじゃがいものイメージが強いけど、このスープは長芋が入っているのよね。
洋風のお料理だけど、実は和の食材が使われているなんて驚きだったわ。

長芋のヴィシソワーズなんて初めてだったよね。
長芋独特の粘りがあるのかと思ってましたが、全然そんなことはなく、さっぱりと滑らかなスープでした。

お次からはちぃと魚フィーバーッスよ!
まずは旅館の定番!御造りッス!

天悠の夕食-御造り

・海の幸と山の幸の盛り合わせ

すずき、縞鯵、青利烏賊(あおりいか)の炙り、汲み湯葉ゼリー寄せ、おかひじきなどなどですね。

とても品の良い盛り付け!
何だか森みたいな感じがしますね!

箱根の森をイメージしてるのかしらね?
葉っぱが木のように見えるわよね。
お花も添えてあって華やかだわ。

ね!まるで箱庭みたい!

個人的にはきゅうりをちょっとした器になるように切って、わさび入れにしてしまうところがツボでしたね~。
「う~ん!そう来たか!」と思いました(笑)

いやぁ、こういう見せ方の工夫が素晴らしいですね!

それにしても・・・

御造りというのはイカを入れるのはもう常識の域なんでしょうか?

私、イカは苦手・・・;

すあまちゃんの分は私がいただいたわ☆

ほ~んと勿体ないわ~☆
あんなに美味しいのに~v
姐さん、魚介類に関してはけっこう好き嫌いあるッスよねぇ。

さて次は魚料理ッス!

天悠の夕食-魚料理

・的鯛のカダイフ巻き ラビゴットソース 冬瓜のコンソメ煮添え

カダイフは小麦粉の生地を細長くしたもので、お菓子にもよく使われるものなんだとか。

おいら、初めて食ったッスよ!
トルコ料理の一つなんだそうッスね。
カリカリとした食感が面白ぇ一品だったッスね。
そうね。
これは一種の包み焼きみたいなものなのかしらね?
中の鯛がふっくらとしていて、とても美味しかったわ~☆

そうだね!
そのままでいただいても美味しいですが、ラビゴットソースを付けて食べると酸味が加わって、さっぱりとした味わいが楽しめますよ。

ちなみに、ラビゴットソースというのは、みじん切りにした野菜に酢や油などを加えたソースなんだそうです。
こちらのソースはピクルスの味がしましたね。

酢の酸味が強めなので、それがアクセントになってましたね。
美味しかったです~。

冬瓜のコンソメ煮はホッとする味。
噛むと中からコンソメの煮汁がじゅわ~っとしみ出してくるんですよ~。
優しい味でした^^

さて、ここで口代わり。
小休止ですね。

天悠の夕食-口代わり

・青梅のシャーベット

さっぱりした味で箸休めにピッタリですね。

あれは果肉だったのかしら?
小さなつぶつぶがたまにあったような感じがしたわね。
そうだったッスね。
爽やかな味わいで夏にピッタリのシャーベットッスよ。

ところで、これで料理が半分終わったわけッスけど、
姐さん方はこの時点で腹の具合はどうだったッスか?

私はまだまだイケる感じだったねぇ。

けっこういろいろなお料理を食べて来たけど、
一品一品の量が少なめだから大丈夫だったよ。

私も!
旅館で出されるコースのお料理って量が多くて、まだ半分くらいなのにお腹が苦しくなったりするけど、今回は余裕だったわね!
あの日は特に間食とかもしてなかったから、それもあるかもしれないけど。

そうだねぇ。
普通にお腹を空かせていけば、余裕な感じだね。

はい!それではそろそろメイン料理に参りますよ☆

次は肉料理!

天悠の夕食-肉料理

・国産牛ロースステーキ 和風ソース ラタトゥイユ ブーケサラダ マッシュポテト

サラダをブーケにしちまうなんて、洒落た盛り付けだったッスねぇ!
肉も焼き加減が絶妙で美味かったッス~☆

脂身がほとんどない赤身のお肉で和風ソースがかかっていたので、さっぱりといただけました。

そうね!
それにラタトゥイユも美味しかったわぁv
じっくり煮込んだお野菜が甘くてホロッととろける感じだったわ。

うんうん、おしゃれな中にちょいちょい家庭的な味わいが入っているのがいいですね!

お次は御食事!

天悠の夕食-御食事

・お寿司 鮪 穴子 真鯛握り 海老天の巻き寿司バルサミコ風味 赤出し

この器いいですねぇ!
今まで洋の雰囲気が強かったですけど、一気に和ですよ!

ここで寿司が出てくるとは思わなかったッスねぇ。
肉料理の後ってぇのは大体、白飯と味噌汁ッスよねぇ。
ちょっと意表を突かれたッスよ。
確かにそうね。
どれも新鮮なネタで美味しかったわぁ!
これはすあまちゃんも美味しく食べられたでしょ?

うん、全然臭みもなくて脂も乗っててとても美味しかったですね!
ペロッといただけました^^

イカに関してはあの独特の味が苦手なので、どんなに新鮮でもなかなか食べられないんですよねぇ・・・;

そして、最後はデザート!
これは女性には嬉しい一品だと思います!

天悠の夕食-デザート

・パティシエ特製デザート盛り合わせ

右から

・ピスタチオのマカロン
・きなこのムースケーキ
・フルーツ寒天
・チョコブラウニー
・レモンシャーベット

です!

スイーツ好きはつい目が輝いちゃうわよね!
どれから食べようか迷っちゃったわぁv
おいらはきなこのムースケーキが気に入ったッスよ!
きなこの味と風味が口いっぱいに広がって、なかなか美味かったッス~!

そうだねぇ!
どれも味がしっかりしてて濃厚で幸せなひと時が過ごせましたよ~v

夏の暑さによる疲労もどこへやら?
すべてのお料理を完食してきました~☆

朝食は栄養バランスも美味しさもGood!

次は朝食についてご紹介したいと思います!
夕食と同様、朝食もダイニング・はこねでいただきますよ。

朝食はセットになっていて、和食と洋食のどちらかを選べるようになってるッス。
テーブルに両方の献立が書かれた紙が置いてあるんで、メニューを見てから決めることが出来るッスよ。
スタッフの方に伝えると料理を持ってきてくれるんス。

私たちは全員洋食を選んだよね。

けっこう迷ったけどね。
鯵の干物と卵焼きにするか、ハム・ベーコンとスクランブルエッグにするか・・・。
そうッスねぇ・・・。
悩んだッスけど、うちは洋食の朝飯を食う機会がそうねぇかなと思いやして。
シリアルなんて普段じゃぁ食わねぇッスからねぇ。

確かにそうだよね(笑)
うちはどちらかというと、ご飯や味噌汁が多いもんねぇ。

そんなわけで洋食をいただくことにしました。

こちらが洋朝食のセットです!

天悠の朝食(洋朝食)

右から

・オレンジジュース
・ブレックファストシリアル ミルク添え
・サラダ レタス トレビス ベビーリーフ ペティトマト 胡瓜(きゅうり) カッテージチーズ ライプオリーブ
・スクランブルエッグ 富士湧水ポークのハム&ベーコン マッシュポテト 彩り野菜
・トマトスープ
・果物ヨーグルト掛け

卵料理はプレーンオムレツ、スクランブルエッグ、目玉焼きの3種類から選ぶことができますよ。
私たちはスクランブルエッグにしました☆

朝から彩り豊かなものが盛りだくさんですね!

ホントよね!
野菜、果物、お肉、卵・・・。
栄養バランスもバッチリだわ!
そうッスね!
1日の始まりに食う飯は1日の活力の素になるッスからねぇ。
そこらへんもきちんと考えられた献立ッスよね。
どの料理も美味かったッス~!

うんうん!どれも元気がもらえるものばかりだったよね!

また、洋食を選ぶとパンがついてきますよ。

ベーカリー盛り合わせ

・モーニングベーカリー盛り合わせ

フランスパン、クロワッサン、ブドウパンですね。

焼きたてのようで、フカフカで温かったです!
ほんのり甘みを感じる生地なので、何もつけなくても美味しかったですよ!

これで1日元気に過ごせるってもんです!(笑)

最後に

はい!以上!
「箱根小涌園・天悠」その2-食事編でした!

旅館でいただくお料理というと、量がとにかく多くてコースの半分が終わったくらいから苦しくて大変になってくるんですが、天悠のお食事は無理なく食べられましたね。

一品一品の量が少なめだったものね。
いろいろなものを少しずつという感じでメニューが豊富でたくさん味わえたわ☆
どの料理も本当に美味かったッスねぇ!
また、盛り付けや器も粋で個性豊かで楽しめたッス!

あぁいう工夫は本当に素晴らしいですね。
料理人の皆さんの創意工夫をいっぱい感じました。

心のこもったおもてなしをしていただき、本当にありがとうございました。
おかげで、とても楽しい旅行になりました^^

浮雲の湯も入りたいですし、またいつかお泊りに行きたいですね!

箱根小涌園・天悠は箱根で贅沢なひと時を過ごしたいという方にオススメの旅館ですよ。
ぜひチェックしてみてください☆

こちらの記事を読んで、参考になった!面白かった!という方は、
下のステキボタンやソーシャルボタンにて教えてください^^!
とても励みになります!
  • ステキ! (0)