役立ち情報の記事

暮らしに役立つ情報をご紹介しています。
現在は以下のことについて配信中です。
・食べ物の知識
・生活における体験談
自分で気になったことを調べてまとめたり、
自身の体験談を書き綴っています。

1日2食生活の効果

1日2食生活の効果!頭と身体がスッキリして花粉症も治った!

1日2食生活を続けて半年が経ちました。1日2食を始めたきっかけ、やってみて感じた効果などについて紹介しています。身体のだるさが改善しただけでなく、なんと、花粉症も治りました。頭や身体がいつもスッキリしない、だるくて眠気がひどい、何も手に付かないという方はもしかしたら食べ過ぎが原因かもしれません。
玉ねぎの栄養と効果

玉ねぎに含まれる栄養と効果!ビタミンB6とアリイン(アリシン)で血液サラサラの健康体に!

玉ねぎに含まれている栄養と効果についてまとめています。玉ねぎには、健康な身体を作るために必要なビタミンB6や、血液をサラサラにしたり、感染症を防いだりしてくれるアリイン(アリシン)などが豊富に含まれています。なんとヒスチジンから作られるヒスタミンにはダイエット効果も!玉ねぎを食べて健康をキープしたいものです。
ごぼうの選び方と保存方法

ごぼうの選び方と保存方法!泥付きで硬めのものが美味しい!

美味しいごぼうの選び方と保存方法などについてご紹介しています。ごぼうはなるべく泥付き、太さが均一で、持ってみた時に重さや硬さを感じるものを選びましょう。乾燥に弱い野菜なので、保存する時は泥付きのまま、新聞紙に包むか、ポリ袋に入れるようにしましょう。春秋冬は冷暗所で、夏場は冷蔵庫に入れると良いです。
じゃがいもの選び方と保存方法

じゃがいもの選び方と保存方法!芽が出ておらず皮の色が変色していないものを選ぼう!

美味しいじゃがいもの選び方と保存方法などについてご紹介しています。じゃがいもを選ぶ時の重要なポイントは芽が出ておらず、皮が緑色に変色していないものを選びましょう。そして保存時は湿気がこもらないようにし、変色防止のために光が当たらないようにしましょう。じゃがいもの芽や緑色の部分にはソラニンという毒があるので要注意です!
にんじんの選び方と保存方法

にんじんの選び方と保存方法!色鮮やかで表面が滑らかなものが美味しい!

美味しいにんじんの選び方と保存方法などについて紹介しています。美味しいにんじんを選ぶ時は色鮮やかで表面が滑らかなものを選ぶと良いです。また、硬さや重さも重要なポイントですね。美味しさを長持ちさせる保存方法とは、湿気が入らないようにすること!そうすることで、にんじんの賞味期限がぐんと長くなります。
ごぼうの栄養と効果

ごぼうに含まれる栄養と効果!たっぷりの食物繊維で腸内環境を整えて病気知らず!

ごぼうに含まれている栄養と効果についてまとめています。ごぼうには水溶性食物繊維、不溶性食物繊維、ヒスチジン、アルギニン、プロリンなどのアミノ酸が豊富に含まれています。食物繊維は便秘解消や癌予防、アルギニンは疲労回復、ヒスチジンは成長促進などの効果が期待できます。ごぼうを積極的に食べて毎日健康に過ごしましょう!
自炊を始めたら体調不良が治って元気に!

健康のためには食事は大切!一人暮らしで面倒でも料理をすべし!

昔、私は全く料理をしませんでした。親元を離れてからは料理が面倒でコンビニやスーパーのお惣菜に頼ることが多くなり、そんな生活を続けていたら、だんだん体調が悪くなってしまいました。毎日の食事は身体にダイレクトに影響を及ぼすものだと痛感しました。それからは毎日料理をし、バランスのよい食事をとるように心がけています。
じゃがいもの栄養と効果

じゃがいもに含まれる栄養と効果!美肌を保つための栄養素が豊富!

じゃがいもに含まれている栄養と効果についてまとめています。炭水化物が多く含まれているために太ると敬遠されがちですが、じゃがいもにはお肌を健康に美しく保つ、ビタミンCが豊富に含まれています。老化防止、シミ・ニキビ予防など嬉しい効果が盛りだくさん!積極的に食べて肌美人を目指しましょう!
にんじんの栄養と効果

にんじんに含まれる栄養と効果!風邪予防や疲れ目にも効果大!

にんじんに含まれている栄養と効果についてまとめています。にんじんには、β-カロテンが豊富に含まれています。β-カロテン、そしてβ-カロテンから作られるビタミンAは、風邪や癌などを予防したり、美肌を作ったり、目の健康を保ったりといった効果があります。健康のために日々積極的に食べたいお野菜です。
1 2 3