野菜の記事

野菜に含まれる栄養について紹介しています。
野菜には身体の調子を整えるために、重要な栄養がたくさん含まれています。
ぜひ、積極的に摂りましょう。

かぼちゃの選び方と保存方法

かぼちゃの選び方と保存方法!鮮度よりも成熟度を見るのが美味しいものを選ぶコツ!

美味しいかぼちゃの選び方と保存方法などについてご紹介しています。かぼちゃは鮮度よりも成熟度を確認するのが美味しいものを選ぶコツ!皮や果肉の色や硬さをしっかりチェックしましょう。かぼちゃはまるごとであれば非常に保存がききますが、切ってしまうとあまりもちません。カットかぼちゃは基本的に1週間以内に食べきるのがベストです。
かぼちゃの栄養と効果

かぼちゃに含まれる栄養と効果!抗酸化ビタミン御三家が豊富な素晴らしい野菜!

かぼちゃに含まれている栄養と効果についてまとめています。かぼちゃはβ‐カロテン(ビタミンA)、ビタミンC、ビタミンEなどの抗酸化ビタミン御三家が豊富に含まれている素晴らしい野菜です。風邪を予防し、活性酸素を除去することで癌予防やアンチエイジング効果も期待できますよ!寒い季節は積極的に食べたい野菜です。
なすの選び方と保存方法

なすの選び方と保存方法!ヘタにトゲのあるふっくらとハリツヤあるものを選ぼう!

美味しいなすの選び方と保存方法などについてご紹介しています。なすは皮にハリツヤがあり、ふっくらと重みのあるもので、ヘタの切り口が新しく、トゲのあるものを選びましょう。また、なすを美味しく保存するには、ラップに包んで乾燥させないようにし、冷蔵庫の野菜室に入れるようにしましょう。調理して冷凍庫に入れると長く保存できますよ。
なすの栄養と効果

なすに含まれる栄養と効果!アントシアニンとナスニンで目の疲労回復と癌予防も!

なすに含まれている栄養と効果についてまとめています。なすはカリウム、アントシアニン、ナスニンが豊富に含まれています。カリウムはむくみや高血圧予防効果、アントシアニンは目の疲労回復やアンチエイジング効果、ナスニンは多くの種類の発癌性物質を抑制することによる癌予防効果が期待できます。
トマトの選び方と保存方法

トマトの選び方と保存方法!鮮やかな赤色で皮にハリとツヤがあるものを選ぼう!

美味しいトマトの選び方と保存方法などについてご紹介しています。トマトは皮が鮮やかな赤色で、ハリとツヤのあるものを選びましょう!ヘタの色やシャキッとしているかどうかも鮮度を見極めるコツです。そして、トマトを美味しく長持ちさせるにはヘタを下にして置き、ビニール袋の口をしっかりと閉めて、冷蔵庫で保存するようにしましょう。
トマトの栄養と効果

トマトに含まれる栄養と効果!リコピンとクエン酸で疲れ知らず病気知らずの肌美人に!

トマトに含まれている栄養と効果についてまとめています。トマトにはリコピンやクエン酸が豊富に含まれています。リコピンは高い抗酸化作用により、血液サラサラ効果、癌予防、美肌・美白効果が期待できます。クエン酸は血液を弱アルカリ性に保つ効果が期待でき、疲労回復に繋がります。日々、トマトを食べ、元気はつらつで過ごしたいものです。
玉ねぎの選び方と保存方法

玉ねぎの選び方と保存方法!丸々としてしっかりと硬い重みのあるものを選ぼう!

美味しい玉ねぎの選び方と保存方法などについて紹介しています。美味しい玉ねぎを選ぶ時は丸々としていて、しっかりとした硬さと重みのあるものがベスト!そして、玉ねぎはとにかく湿気に弱い野菜。美味しく長持ちさせるには湿気がこもらないように保存するようにしましょう。これでお取り寄せも怖くない!
玉ねぎの栄養と効果

玉ねぎに含まれる栄養と効果!ビタミンB6とアリイン(アリシン)で血液サラサラの健康体に!

玉ねぎに含まれている栄養と効果についてまとめています。玉ねぎには、健康な身体を作るために必要なビタミンB6や、血液をサラサラにしたり、感染症を防いだりしてくれるアリイン(アリシン)などが豊富に含まれています。なんとヒスチジンから作られるヒスタミンにはダイエット効果も!玉ねぎを食べて健康をキープしたいものです。
ごぼうの選び方と保存方法

ごぼうの選び方と保存方法!泥付きで硬めのものが美味しい!

美味しいごぼうの選び方と保存方法などについてご紹介しています。ごぼうはなるべく泥付き、太さが均一で、持ってみた時に重さや硬さを感じるものを選びましょう。乾燥に弱い野菜なので、保存する時は泥付きのまま、新聞紙に包むか、ポリ袋に入れるようにしましょう。春秋冬は冷暗所で、夏場は冷蔵庫に入れると良いです。
じゃがいもの選び方と保存方法

じゃがいもの選び方と保存方法!芽が出ておらず皮の色が変色していないものを選ぼう!

美味しいじゃがいもの選び方と保存方法などについてご紹介しています。じゃがいもを選ぶ時の重要なポイントは芽が出ておらず、皮が緑色に変色していないものを選びましょう。そして保存時は湿気がこもらないようにし、変色防止のために光が当たらないようにしましょう。じゃがいもの芽や緑色の部分にはソラニンという毒があるので要注意です!
1 2